性病があっても脱毛は受けられるのかどうか?
VIO脱毛を受けたいけれど困っているのが、実は性病を保持している事。性病に感染していても施術を受ける事はできるのだろうか?こんな悩みを持つ人もいます。これはデリケートな問題で人に相談しずらいですね。結論を言えばやめておくべきです。

VIOライン脱毛の利点

VIO脱毛をする事の利点はまず無駄毛が無くなる事により、生理の時などにも血が毛が付かない。空気の通りが良くなるので衛生的に良くなる。見た目が綺麗になるなど。いろいろです。
特に彼氏のためにデリケートゾーンを綺麗にしたい女性もいますね。ですが、性病感染している時に脱毛施術を受ける事はできるのでしょうか。

性病持ちの人はVIO脱毛はできない

サロンでは事前にカウンセリングをしてその人の健康状態、飲んでいる薬、現在治療している病気についてなど、いろいろな項目を確認します。この時に、性病に感染している事を告げると、サロン側は施術を拒否します。
でも、これは普通の事です。なぜなら脱毛サロンというのはたくさんの人が脱毛をしに来る場所です。施術の時に使う器具などを通して性病を他の人に感染させては困ります。そのサロンに通う事で性病に感染したなどと口コミで広がると、途端に信用を無くします。
他のお客さんの安全を守るためにも当然の事でしょう。

その前に脱毛を受けているどころではない

まず、性病に感染しているのですから、何よりもそれを治す事を先に考えましょう。性病に感染してしまうと、性器周辺は赤みやただれ、発疹などが起こります。基本的にサロン側としては施術をしてもいいお客さんの条件に、皮膚状態が良好である事をあげています。
性病に感染して皮膚に異常がある人の施術をするわけにはいきません。また、脱毛施術を受けるよりも先に性病を治さない事には、もっと大変な事が起きます。例えば性病感染治さずにいると妊娠できない体になり、不妊症になったりします。
脱毛をしたい気持ちはあっても、それよりも先に性病を治す事を優先する事です。それから脱毛するようにしないといけません。

皮膚科の脱毛とは医療脱毛と呼ばれるものです。