ペットはとても可愛くて、その仕草を見ていると、嫌なことも忘れます。
1日1回は笑わせてくれますし、飼い主が具合が悪くて寝込んだりすると、心配して、寄り添って寝たりするんです。
家も犬を飼っていますが、とても可愛くて、毎日面白くて、もう、犬のいない生活は考えられないくらいになっています。
テレビでも笑い話になっていましたが、離婚などで、ペットの親権を奪い合って揉める事もあるのだそうです。端から見れば笑い話でも、当の本人達は真剣です。
子供が出来ず、子供の代わりにペットを飼っているような場合は、なおさらです。
昔、ペットが亡くなってしまって、ペットロスになり、後追い自殺をした、という話を聞いて、たいそう驚いた事がありましたが、今の方がそれが強いのかもしれないです。
また、ペットの葬儀屋さんもあるのだそうです。パンフレットを見せてもらった事がありますが、人間顔負けの葬儀のセットです。お坊さんを呼んで、葬式をするのだそうです。
そう言えば、ペットの七五三もあるのだそうです。
ペット業界も、商魂たくましいなあ、と思います。
私も以前、飼っていたハムスターが死んでしまい、空になったゲージや、遊んでいたハムスターボールを見ると、辛くて仕方なかった事を思い出します。
見てると辛いから、処分しようとまとめるのですが、またそれを捨てるのも、辛くて躊躇してしまうんです。
ペットは、どうしても飼い主より先に死んでしまう事が多いですから、家に迎えたその日から、ある程度の覚悟はしていた方がいいのでしょうね。
生きている間に、大事にしてあげて、そのペットが楽しく毎日を過ごしていけるように、お世話をしてあげようと思っています。与えた以上の愛情を、彼等は返してくれますから。